【MUGENストーリー】- A Midsummer Box Dream -【8/8】



閉じかけた世界に生きていた二人。
そんな彼らが偶然出会い、
二人の世界に再び光が射し込む。




遅まきながら、二話から八話まで一気に見てました。
もう少し早く観るつもりだったんだけどなぁ…orz

所々気になる点はあったけど、
全体的に演出や物語の流れが安定してた印象ですね。
シリアスが勢い余ってシリアルになることもなかったし。
特に中盤の触れ合いと略奪の切り替わりは
二人の歪な生き方の表れでもあり、
その後の展開を予感させるような、非常に印象的な場面だった。
終盤の流れはその予感の正しさを証明する形になったけど、
逆に言えば安心して物語に入り込めたというか、
だからこそ丁寧な作品だったな、という印象を強く持ちました。
個人的にティルちゃんは不遇だった気も(

欲を言えば、
その後の政宗がどうなったのかはちょっと知りたかったかも。
まどかと名付けた少女の存在が、
政宗の未来に何をもたらしたのかは気になったし。
まぁあれから奥州再興に尽力ってのもどこか腑に落ちなかったりするわけで、
そういう意味ではあの終わり方が一番良かったのかな、とも思う。



ウェヒヒやめてw

あぁ、だから政宗のあの後の物語が無かったのね。
なんと分かりにくいw
というか、あれってまどかの奇跡かと思ってた(
南蛮組は確かに弱かったかなぁ、
政宗と少女の関係に集中出来たといえばそうだけど。

ともかくストーリー製作お疲れ様でした!
また新しいストーリー動画があれば期待したいと思いますです。


……ティルちゃんカムカム
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一気見乙ですw
尺は決まってなかったので、説明不足な点をもうちょっと補えれば良かったですね。
南蛮組は特にorz
終始シリアスで通せたのは良かった点ですね、途中のほのぼのがあったからこそラストが映えますしw

筆頭はオマケで言及した通りですね、足の傷もあったし「真っ白で覆い隠すry」とあったので、非常に分かりにくく匂わせました。
仲良く天国へ、が一番纏まりが良いのが何ともw
故に分岐ルート考えるのに抵抗もあったり…
これはこれで良い終わり方ですからね。

主軸が筆頭まどっちだったにしても、もう少し設定を明かしても良かったですねぇ
ティル先生の次回作にご期待下さい(ウェヒ

No title

2話目から全然見れてなかったのでorz
なので見るときは余計な間を挟まないようにしようと思ってましたw

正直オマケで補完できた部分もありましたからね、
とはいえ下手に説明すると「説明乙」って感じになりかねませんし、
難しいところでしょうねー…
やっぱりあのほのぼのタイムは効いてましたねw

あの流れで大団円ってのは考えにくいですからねー
政宗は色んなものを犠牲にしすぎたんや…
その点も考えれば個人的にはあの締めがしっくり来ます。

これが黒まどかか…(
冗談はさておき、別作品にも期待してますよー
そして、動画内で名前を挙げていただきありがとうございました。
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器