オフ会初参加

去る25・26日、
例大祭オフに顔を出してきましたよっと。
オフ会参加は初、
他の製作者さんなどとの顔合わせも初、
同人誌即売会なるものへの参戦も初と、
初めて尽くしで正直不安もありましたが、
振り返ってみれば単なる杞憂でしたね。

長いので続きは折りたたみ。



さて、まずは25日の動きから。
東京には10時頃到着し、そこから新宿へと移動。
ここまでは順調に進んだものの、そこからが拙かった。
「時間もあるし、とらのあなに寄ってから連絡しよう」
そう考えたのが拙かった。

とらのあなを目指したのは『放課後アトリエといろ』の
店舗特典目当てだったのだけど、
まずは駅構内でウロウロ。
更には店自体が擬態でもしているかの如くで、
中々気付かずなおもウロウロ。
ようやく購入できたと思えば、
既に時間的猶予は無くなっているという有様…
(どんだけ迷ってるんだという感じだがw)

急いでボウリング場に向かい、
他の参加者さん達と合流。
最初に顔を合わせたヤンマー氏は、
8…というよりワイルドなアンちゃん、という第一印象。
まぁ確かにあの中だと珍しいタイプかも。

4レーンを使って行なわれたボウリングでは、
vesper氏やLV60氏、しもつき氏が実力を見せ付けていました。
自分はというと……
何とか癖を利用して必死で真ん中を狙っていくスタイル(
カーブは制御不能な天然ものなのですw
交流の方はというと、場の雰囲気もあって、
人見知りの気がある自分でも
自然に言葉を交わすことが出来たように思います。

2ゲームを終えた後、自分は秋葉原組に随行。
カタログは持っていたけど、アキバは見てみたかったしね。
ちょっとした事件が起こりつつも
無事到着した秋葉原の雰囲気に、ちとクラッと来たりw
通り一本入っただけでパッと様変わりする光景は驚く他ない。

カタログ取得が不首尾に終わってしまった後
アキバ組は二手に分かれ、
自分はゲーセン組に付いていくことに。
しもつき氏の機敏なステップとLV60氏の奮闘ぶりや、
発酵スチロール氏とvesper氏のBB対戦を眺めたり。
自分もP4Uやろうかと思ったけど、
最近ご無沙汰とかそもそもそんなに上手くないとか、
そういう事柄を言い訳に手をつけず(
まぁ人の見ても楽しめる性格だからいいけどw

その後oso氏&こしあん氏と合流し、
新宿へと舞い戻ることに。
そして夕食の会場でRay氏とある軍曹氏も登場。
大所帯での夕食となりました。
お二方の印象は比較的頻繁に書かれてるように思うけど、
うん、見て納得(

自分の席は比較的穏やかだったけど、
口坂氏やセイル氏からは大会関連の話を伺えましたし、
vesper氏とは製作についてのお話が出来ました。
自分の話はかなり個人的なものだったように思うが
また、夕食後には破魔矢氏から
とある自キャラの設定について質問を受けましたね。
何気に嬉しい出来事だったのですが、
自分の中でもボンヤリと設定はあるのだけど、
どうにもそれを上手く伝えられず…すみませんorz
ホテルに帰ってから
申し訳無さと不甲斐なさでモヤモヤしてたというのはどうでもいい話。


夕食後は数名でまったり。
めるふぃむ氏のキャラを眺めながら、
はて自分はどういう方向性のキャラが作れるのかと
改めて自問してみたり、
vesper氏に再び個人的な話を披瀝製作関連の話をしたり。
小一時間ほど話した後、この日はお開きになりました。


……長いよね?
もうちょっとだけ続くんじゃ(


26日、例大祭当日。
朝8時半頃に国際展示場正門駅に着いて、
遠目に見える人の流れに内心クラリ。
改めて凄いイベントなんだなぁと実感しました。
その印象は開場を迎えると更に強固なものに。
入っただけで熱気というか、活力が凄まじいw
気圧されながらもどこか高揚を感じつつ、
ある軍曹氏とSPII氏の同人誌を購入。
心綺楼は長蛇の列を横目で眺めてました(

それら以外は事前準備をしていたわけでもなかったので、
会場の雰囲気を味わいつつブラブラ。
その後は昼食を食べたり、
久しぶりの海風を浴びながら
前日に破魔矢氏から頂いた新作の草稿と
SPII氏の同人誌を読み進めてました。
(凄まじいほどのボッチ気質である)

破魔矢氏の草稿はとてもシリアスな導入で、
終わりを目前にしたような世界で
果たしてどんな終わりが待っているのか…
お預けを喰らったような気分w

SPII氏の小説を読んで思ったのは、
筆致や登場人物に安心感があるというか。
上手く言えんけど…w
経験に裏打ちされた確かさっていうのか、
だからこそ読んでて素直にこそばゆいような、
登場人物を冷やかしたくなるような気分になった。

さて、そんな有意義な読書体験をしたはいいが、
没入したせいで帰る時間をスッカリ忘れるという大失態。
慌てて連絡を入れつつ帰途に着く、
色々と残念な幕引きを自ら迎えることに…
寝る前にまたモヤモヤとした時間を過ごしたのは言うまでも(

とまぁ最後は自分自身でミソをつけてしまいましたが、
良い経験になったオフ会でした。
参加された皆さん、そしてまとめ役を引き受けてくれた方々、
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おおぅ…申し訳ありません。
対応致しましたー

お疲れ様でしたー!

いやー、非常に充実しててカオスな二日間でしたね~・・・初めての人には確かにきついかもですね(特に会場の熱気や活気は)

某キャラの設定は前から聞きたかったのでカレー氏が参加すると聞いた時に重要事項にしておいたので、良かったです。分かりやすくて大丈夫でしたよ!

小説の感想ありがとうございます。はい、おっしゃる通りあの世界は正直終わってます(苦笑)
そしてSPⅡ氏の作品見たかったですなー

また機会があれば会いましょう、それではそれでは

No title

お疲れ様でしたー
あれほどとは正直思ってなかったですがw
あの活力を肌で感じられたのは良い経験でしたね。

いやぁ、拙い説明で申し訳ないですorz
あれから文章として書き出そうとしてみたのですが、
やっぱり言葉にするのは大変ですねー

確かにあの世界は末期的ですよねw
だからこそどうやって物語を紡いでいくのか興味深かったり。

こちらこそまたお会いできれば嬉しいです!
ではでは~

No title

例大祭およびオフ会お疲れ様でしたー。

夕食の時は軟骨さんとお話がしたかったのですが絶望の如き状況へ追いやられたせいで席移動すらできなかったです。ハイ(せめて鍋に入れたの食ってから移動してほしかった・・・)

なのであまり関わることができなかったですねー。残念です。

まあ今後もこのような機会が多分あると思いますのでその時は何でもいいんでお話しましょー

No title

お疲れ様ですー
確かにあの状況は凄かった…w

自分も紅牙さんはじめお話できなかった方は多かったので、
もう少し積極的に動けば良かったかなー、と思ったりも…
それでも興味深い話は聞けたので満足ではあるのですが。

今度はゆっくり話せるといいですねー
機会がありましたら、こちらこそよろしくです!
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器