そくせき!MUGENどうがこうざ。~お手本動画を見よう!キャラ選編~


最近見始めたんだけど、
講座というだけあって非常に「分かる」内容が押さえられてます。
一応大会を作ったからかな?
動画を作りたいなーと考えてる方は目を通しておいて損は無いと思う。
投稿者さんは通常キャラ大会の人だけど、
見せ方は通常・凶悪関係ないし。

キャラ選について、悪い例は拳一杯みたいなものです。
奇を衒い過ぎてコンセプト崩壊(しているように映る)、
キャラの記述に無闇に手を加える(→投稿者のエゴが見え隠れ)、
王道を分かっていない、
等々……
付いてきてくれた方々にはホント感謝してます。

大会を作る際には何かしらの基準があると思うので、
「どういうキャラならこの基準を生かしてくれるのか?」
を考え続けるのが大事かな。
あとグダりやすいキャラは少なくした方が良いかと。
(必ずしも、タイムアップになりやすいキャラというわけではない)
撮影時に楽しめないのは非常に辛いハズ。






……したり顔で記事書いてみたけど、
次大会開いたとして実践できる自信はない(
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テーマ方式ならこういったタイプが流行るってのを一個人の見解として。
・飛び道具一切使わないよ!ってキャラオンリー杯
T,Bさん<男なら、拳ひとつで勝負せんかい!(石で目つぶししながら)
・逆に武器上等の武器持ちオンリー杯
・改変元の原作別のチーム戦方式
・戦闘技術別チーム戦(空手とかプロレスとかマーシャルアーツとか)
この辺は比較的やりやすいでしょうねー
あと狂なら一試合が早い!一撃・ワンチャン使いオンリー杯とか
少数残機キャラとかlife100以下勢のみの紙祭りとかできそうですね。
個性にこだわるほど面子が奇抜になりがちな法則。
他の人も成功してるから王道物は二番煎じ臭あると
言われがちですが王道はそういうものでしょう。
ぐだるといえば
同じ超必(暗転及び演出の時間が長め)連打のみとかは嫌われがちですね。
撃てば終わる(一撃技)ってぐらいなら多少演出長くても問題ないですが・・・
一ラウンド数十回同じ技見るとかはさすがに飽きますねー
まあ狂最上位とかはグダグダは仕方ないこと多々あるでしょうが。

No title

狂系だとワンチャンとか台パン系が根強い人気がありますねー
それ以外だといわゆる“くくり系”の大会は少なく、
キャラ基準とかランク基準の大会が主ですし、
狂クラスにおけるランクの価値というのが表れてるような気もします。
逆にいえばまだ盛んになっていない分、
狂でのくくり系大会には可能性もありそう。

王道は押さえておかないと奇抜になり、
逆に頼りすぎると二番・三番煎じに感じられてしまうという…
王道を踏まえつつ個性を忍ばせるのがベストなんですが、
これに答えがないのが厳しいw
どちらにしろやはり王道を知っておかないと、
上手いキャラ選は難しいですね。

ぐだりもある意味個性や相性の結果とはいえ、
見る側としてはなるべく忌避したいものなので、
難儀してしまう部分ではあります…

No title

私の動画をご紹介下さりありがとうございます。
未熟な部分も多い動画ですが
少しでも役に立つように頑張りますので
今後ともよろしくお願いします。

No title

まさかコメントを頂けるとはw

内容からも動画製作に対する真摯な姿勢が垣間見えますし、
だからこそ確かな説得力を感じられるのだと思いました。
続きを楽しみにしております。
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器