自分のAILvの差の付け方(仮)

旧ザガンのAILvは反応精度を落とすもの。
サチのAILvは行動を制限/解禁していくもの。
作り方にもよるだろうけど、
最近の自分としては後者の方がしっくりくる。

というのも、旧ザガンのAIを見続けてるうちに、
手加減感が目に付くようになってしまってね…
無敵維持がザガンの強さの秘訣なので、
それが甘くなるとどうしてもモヤモヤッとする。
これは自分のAI作成術が未熟なせいでもあるんだけど、
それだったらいっそ、とある制限下の中で全力で動かした方がいいのでは?
という考えにシフトした結果がサチAIとザガンの現AI。
まぁサチのAIも、AILvと反応精度の良し悪しが関わってくる部分はあるけどね。
特に永弓はあんまり猶予無いんで、精度9と10では意外と差が出る。

勿論これは、
「自分の製作においてしっくりくるスタンス」であって、
他の方の製作方針についてとやかく言うものではないのでご了承を。





……行動制限しようにも全方位に強い場合はどうするか?

知らん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

AIに関してはランクにもよるので個性が出るところだと思いますね
私の場合は立ち回りの調整で差を付ける感じで
フリーの時の距離感、攻撃頻度や起き攻め、固めの選択肢の調整
それに加えてデフォ以下のAILvでは超反応を抑えて
固められてる際やリバサで相手の状態を考慮せずに技をぶっぱする感じでやってます

ただこれは凶ランクの話で狂ランクでAILv付けるとなるとまた話が違ってくるとは思うんですけどね
自分は狂はAILv最大で性能の方で調整した方がいいかなってスタンスだったりします

No title

確かにそれぞれの調整の仕方で向き不向きはありそうですね。
通常キャラだと瞬時瞬時の判断の違いが重要になる局面も多いでしょうし、
反応精度や攻め手の多寡の差は大きく関わってくるか。
ランクによっては逆に、あえて精密にしないという選択肢もあるからなぁ。

狂ランクは性能が通常キャラに比べて自由だからか、
割とその辺おおざっぱな気がするw
それでも良い動きする方が一目置かれやすいですし、
自キャラであれば性能面での調整の方が楽かもですね。
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器