【MUGEN】持ち味を生かせ! 狂ランク技vs術対抗戦Part.2


ようやく投稿出来た……
動画にも書きましたが、ボーナス戦発生条件を10ptから15ptに変更。
また追加キャラを各陣営10名に増やしました。
なお録画が先週だったため、
試合は当時の最新版にて行なっております。ご了承ください。


しかし終わりの曲は5分近くあるのに足りないってどういうことだ……(






【ベルンカステル12P vs 六丸都古1P】
六丸都古は疑似のけぞり持ちで、
ダメージはややランダム幅がある。大体100~200弱程度。
このカラーだとProj遮断やヘルパーHitDef軽減は無い模様。
また今回の設定だと三割まで自動ライフ減少あり。
とはいえ攻撃中無敵なのでそこまで隙は多くなく、
火力も若干下げてはいるけど程よい威力が出る。

ベルンは食らい抜けと回復、
それと弾幕が都古に対して有効だったけど、
連続ヒットで足止めできないとちょっと苦しいかな。

【佐天さんレベル5 1P vs 六丸都古1P】
佐天さんは近接戦だとAIが積極的に無敵切り返しを行なってくるようで、
近づくと都古はかなり削られやすい。
また下方調整しているとはいえ、
佐天さんのライフも並のキャラの1.5倍はあるからややタフでもある。
しかし禊とロードローラーの競演は撮ってて笑ってしまったw

【佐天さんレベル5 1P vs グリゼラ12P】
ここでも佐天さんのスピンが猛威を振るう。
グリゼラは都古と違ってのけぞっちゃうからなおさらだし、
ステップで近づいていってしまうし。
それでも上手くチャンスを掴んで反撃に転じたけど、
インデックスを呼ばれたのが運の尽き。
佐天さんはゲージを使ってストライカーを呼ぶんだけど、
インデックス登場の効果はゲジマユ……ということであの大惨事である。



【魔凍10P vs 比良坂雛7P】
超必投げで締められるとまず死にます。
吹雪でもワンチャンあるかな?って程度の違いだけど(
対する雛は無敵移動連発で隙は消せるけど、
二~三度のチャンスが必要になってくるので、やや分が悪い。
一度も被弾してない状態なら魔凍さんも
1R目のようにガチで殺しにはこないので、
チャンスが掴みやすかったりするんだけども。

【魔凍10P vs アップルジャック12P】
ポニー(人)

これもどこかで捕まるだろうと思ったんだけど、
まさかの完封で驚いた。
アップルジャックに抜け等の特殊防御は存在しないから、
逆に一度でも捕まったら窮地に立たされていただろうね。
ちなみにアップルジャックだけでなくラリティもそうだけど、
下の六角形の特殊ゲージを使ってキャンセルしているようで、
永続的にコンボを繋ぐことは出来ない様子。

【悪夢の狂人 戦人6P vs アップルジャック12P】
何をぶらさげてるんですかね……(

食らい抜けがあるからアップルジャックはちょっと苦しいかな。
とはいえ素のコンボ火力に加えてATK三割増しなんで、目は十分ある。
ただ3R目に戦人がボスモードに移行したことと、
一撃技に必要なパワーゲージ・特殊ゲージが両方溜まっていたのが、
勝敗を決定付けた。

ボスモード移行は3R以降で確定というわけではなく、
複数の条件を大雑把に見たところ、
相手が優位に立っていたら満たされていくって感じかな。
本来は全条件満たした次のラウンドで移行するんだけど、
今回はトリガー利用して3R目以降という制限を加えてます。

ところで戦人の固有結界っぽいもの発動中は、相手に毒付与の様子。



【紙竜9P vs 地獄拳士ギース9P】
紙竜は一定数以上のコンボを受けると確率でステ抜けを行なうほか、
当身を取られると一定量ライフ回復(抜けはしない)という特性がある。
1R目の抜けはちょっと不可解だったけど、
もしかするとMUGENの処理でGetHitVar(HitCount)がリセットされなかったせいかも?
食らい中でなくてもリセットされないっていう謎仕様があるし。
空対地だと紙竜がその機動力と攻撃範囲で優位に立つけど、
ギースも紙竜が地上に戻ってきたところを上手く捌いてチャンスを作った。

しかし人修羅もそうだけど、
RPGの技を上手く格ゲーっぽく落とし込んでるのを見るとなんだか嬉しいw

【ラリティ12P vs 地獄拳士ギース9P】
ギースは食らい中だと自身に重力をかけるので、
エリアルコンボが安定しにくいという特徴がある。
その特性にラリティも苦しめられたけど、
後ろからの宝石を絡めたルートはかなり安定してるね。
加えて超必で隙を潰して相手の攻めを上手く拒絶していた。

【ラリティ12P vs 本気になったシンクレア12P】
謎のシンクロニシティ(

今大会でのシンクレアはアーマーオンなので、
コンボでダメージを稼げず超必で足止めも出来ない分、ラリティは不利。
ただシンクレアも回復こそあるけどそこまで無敵が多いわけではないから、
とにかく自分の攻めを貫いた方が勝つという、
ある意味では分かりやすい勝負だったかな。



☆キャラ紹介

六丸都古1P
雷神政宗リスペクトな都古
筆頭同様に高耐性だが
1Pでは被弾条件はやや緩め
今大会では体力3割まで自動減少
オプションで体力自動減少設定や
火力の細かい調整も可能

性能には全く関係ないが、
彼女の審査時に自分が色々と
辛口なことを呟いてしまったという黒歴史がある。
控えよう。


比良坂雛7P
無敵回避技を多用するほか
一定以上のコンボで食らい抜け
またゲージが一定以下になると
自動で補填するという特性も持つ
カラー差や設定次第で
凶~狂中位までランクが変動する

相手に毒効果を発生させる『呪魂』。
また効果中に雛が受けた被ダメージ(GetHitVar(Damage))の一部を
相手に返す、7Pは約1/4程度。
なおこの毒等で相手を倒すことは出来ない。


紙竜9P
一種のペラペラ勢で
FF5の神竜がモデル
カラー差で幅広くランクが変動
7P以上は一定数以上のコンボを
受けると確率でステ抜けや
当身されると微回復という特性も

7P以降のふたつの特殊防御性能は
オプションにて調節が可能。
当身感知回復にはステート抜けがついていないため、
実質的な当身攻撃によるダメージの軽減と見たほうが良いかも。

ブリス絵が何かに似てるな、と思ったけど、
そうだ、結月ゆかりだ(
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

佐天さんレベル5が最後に出した上条さんの性能が良くわかりません。
分かりますか?
りどみにも書いてなかったので

No title

記述見た感じ、当身でステートを奪っての無敵解除と
そこからの大ダメージ即死かな?
出されちゃマズいタイプの攻撃ですね(

一時間経たぬ内のお返事有難うございます!
当身であろうと無敵解除であろうと大ダメージ即死という言葉にはまだまだ有情そうな響きがありますね!(錯乱)

No title

事実上の即死当身だけども、大ダメージだし問題ないな!(白目)
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器