【MUGEN】持ち味を生かせ! 狂ランク技vs術対抗戦Part.18


個性的な別枠勢。

次パートはもう撮り終わってるので、
可能であれば今週中に上げたいところではある。








【アトモス4P vs 朧火明夜7P】

アトモス4P(アリ氏)
ATBゲージ上昇速度3倍改変

21勝19敗
対・技陣営 10勝10敗
対・術陣営 11勝9敗

アトモス4Pはアレンジモードで、
扱う時魔法が従来より強力になってる。
また原作同様ATBゲージが溜まると攻撃する仕様なので
上昇速度を弄った今回は通常の3倍行動してくることになる。
3Pや6PならATBゲージ無視してガンガン行動してくるんだけど、
それだとちょっと強すぎたので。

即死投げのワームホールは1Fのみの即死級タゲライフのみなので、
常時監視からの回復で耐えられたりもする。
勇次郎で試したときにワームホールから出てきたのが面白かったw
といってもこのランクであればまだまだ脅威たりえる攻撃。


【アトモス4P vs 七夜死貴5P】
1R目こそ捕まってしまったものの、
2R目からは七夜の体術を余すところなく発揮しての勝利。
全画面使えばもっと早く終わるとかいうのは内緒

アーマー殺しに弱かったり割合攻撃が比較的有効なことに加え、
1R取れば試合放棄してくれる点も、
強力な攻撃性能を持ちながらこの辺に収まる要因かな。

【魔砲少女青子7P vs 七夜死貴5P】
メルブラで(

死貴は割とステートを奪う攻撃が多く、
青子がステ抜けのついでにギアをどんどんと上げていくことになる。
今大会ではギアの上限としている7まで上げると
自動支援ビームが出るように調整しているので
死貴としては非常にやりにくくなる……
かと思いきや、見事にその間隙を縫って
鮮やかな立ち回りを披露してくれた。



【さいごのスターマン7P vs トネイル11P】

さいごのスターマン7P(夫氏)
AILv2

24勝16敗
対・技陣営 11勝9敗
対・術陣営 13勝7敗

常時アーマーでステ奪取無効という強みがあるが、
今回はアーマー殺しに弱めな点を
理解し対策したような動きのトネイルに衝かれてしまった。
スターストームで対抗するものの、
トネイルの防御力と無敵時間とに阻まれて
ダメージレースでも非常に不利。
まさかエナジーロボが来ても勝てないとは……


【月影1P vs トネイル11P】
月影の攻撃は非常に拘束力が高いから
防御力の高いトネイルでも一度捕まると十割食らう危険があるけれど、
着地の際のちょっとした隙から超必切り返しで
ゴッソリ体力を奪えたりもするから勝負は時の運。



【Amoumi 6P vs Aレイ7P】
Amoumiは多段ヒット多いから、
食らい抜けを多用するレイ相手は厳しいかと思ったんだけど、
レイの根性値が機能していない状態であれば
高火力技の「イライラするわぁ!」で一気に沈められるんだなぁ。
流石に単純な削り合いだと厳しい感じあるけど。

【Amoumi 6P vs 心綺楼風先代巫女6P】
対してこちらはAmoumi有利。
というのも使用回数制限がある先代巫女の食らい抜けを
オーブ展開によってすぐに使い切らせてしまえるため。
下手打つと一発入れられてからのラストワードが待ってるけれど、
基本的にはAmoumiが優位に立てる組み合わせかな。



願わくばその無双、脱落前にやって欲しかったんですけど(





☆キャラ紹介

●魔砲少女青子7P
ギアを上げる毎に性能が強化され、技性能などが向上
またビームによる自動支援やギア上限なども個別に設定可能
ステ抜けや大ダメ無効などもあるが素の耐久力はやや低め

オプション設定で下限・上限が変更できるギアシステム。
ギア上昇行動はステ抜けや大ダメージ無効時にも取る動作なので、
強力な攻撃を受けるほど強化速度は速くなる。

ところで今回改めて調べて分かったことだけど、
魔砲少女青子7Pの脆さの原因は素のステータスの低さに加えて、
食らいステートでのダメージ処理とライフ管理によるダメージ処理の
ふたつを同時に行なっている点にある、と思われる。
つまり単純にダメージを2倍しているわけで、
ダメージが現ライフの半分以上であった場合には
ライフ管理による回復が間に合わずにKOとなってしまう。
これによって大ダメージ無効はあるものの、若干機能しにくくなってる。
以前記事でだけ少し触れた勇次郎の
邪ッチェリアアアァッによる一撃死は恐らくこれが原因だね。



●高嶺響ver.GGG 7P
大ダメや一定ヒット数以上のコンボを受けた際などに
1ゲージ消費の食らい抜けを使用
また7Pはライフとゲージ自動上昇
彼女の弾きは一定条件化で全属性に自動発動するカウンター技

大ダメに反応して行なうサキスパ抜けは
ダメージ処理が行なわれる前に抜けるタイプなので、
実質的な大ダメージ無効としても機能する。
といっても単発ダメージのみに対して機能するので、
コンボによるまとまったダメージには反応しない。
加えて体力が残っていれば、
ライフ100未満でも発動するセーフティネットでもある。

弾き可能な条件は攻撃中やのけぞり中、空中時などを除いた場面。
但しヘルパーによる当身を感知して本体が攻撃を行なうタイプなので、
相手の攻撃範囲が広かったりなどで先に本体がのけぞった場合、
仮に弾き可能な範囲であったとしても発動しないという弱点がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

事前の戦績から予想できたけど、ステ上げても月影個人では1勝は厳しかったか、残念。
(ストレート敗退でなく、5戦も出番があっただけよかったのかもしれない)
時止め無視って凶悪な特性らしいですけど、月影は基本つかまったらこの辺では終わりですしね…。
(今更ですが)月影の採用ありがとうございました。

No title

ステート奪取やゲージ消去といった様々な効果を織り交ぜた弾幕は結構強力ではあるんですが、
やはり防御面の手薄さが響いてしまった印象ですね……
時止め無視も他の耐性と併用して真価を発揮する特性ですし。

ただ個人的には魅力的なキャラを紹介してもらえてとても嬉しかったです。
リクエストありがとうございました!
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器