【MUGEN】持ち味を生かせ! 狂ランク技vs術対抗戦Part.24


昼に聞いた件の訃報の衝撃にいまだ捕らわれています。
これからも松来さんの声を末永く聞きたかった。

続きは感傷的にならないように書いております。








【邪眼意思3P vs アサシン5P】
旦那の弾幕でアサシンはなかなか攻めづらいところだけど、
上手くガードやブロッキングで粘るね。
一発差し込めばコンボで邪眼のライフを持っていけるし。
邪眼の時止め無視や空中高速復帰なんかが
攻めの妨害をしてくることもあるけど、
今回は堅実な攻めでの勝利。

【鴇羽舞衣EX 4P vs アサシン5P】
抜けが無いアサシンにとってエリアルコンボは非常にきつい。
加えて舞衣は逆補正で火力がドンドン上がるし、
一度持っていかれるとちょっと苦しいかな。
加えてステ抜けや直ガで攻めを妨害されやすいのも敗因。

【鴇羽舞衣EX 4P vs A霜7P】
舞衣は超必まで繋げない方がコンボ完走できそうだね。
超必の多くはヒット数が多いせいで、
霜のヒット数抜けに引っかかりやすい。
抜けられても一気に体力を奪えるのは大きいけど、
基本的には霜の機動力に翻弄されやすく、
多用される超必も直ガで多少軽減できるとは言え痛い。
最後は3ゲージ技を何度も抜けようとしたけれど、
容赦なく叩き切られてしまった。


【邪眼意思3P vs 石見守服部半蔵正成】
回避技や食らい抜け、そして永久と、石見守に有利な点は結構ある。
永久に関しては地上コンボだから、邪眼の空中高速復帰も無効だしね。
ただ石見守が空中にいるときはまた別で、
邪眼の攻撃に引っかかりやすくなる上に回避行動を取ることが難しい。
特に食らい抜け後に空中から降ってくるから、
判定の長い攻撃に引っ掛かってしまうという欠点がある。

それでも一度差し込めばほぼ勝ち確なんだけど、
今回の3R目は永久の前に一閃を外してしまったため、
その後に即死へと繋げられる強化を使い切ってしまっていた。
それが相手を仕留め切れない結果につながり、
勝ちを逃してしまった……といったところかな。

【邪眼意思3P vs 比良坂雛7P】
雛の攻撃は浮かせる技が多いから、
コンボミス誘発されたりする邪眼の高速復帰がかなり怖いね。
弾幕も30ヒット抜けがあるとはいえ、
あまり食らいたいようなものではない。
それでも無敵回避からかなり的確に差し込めているし、
基本的には有利な組み合わせだったかな。

【アナザーブラッドQ 2P vs 比良坂雛7P】
アナブラが雛の攻めに当身を合わせてくるかどうか。
雛が回避行動とってるとアナブラは結構
小技とかで差し込みを狙ってくるので、
雛はそこを狙えるとガンガン攻めていける。
ステ抜けでゲージ消費させれば
当身されても超必に繋げられる可能性減るし。

ただそこはアナブラも実力者。
雛が少し欲張ったりした攻撃を的確に捌いて、
勝ちをもぎ取っていった。


【水レン邪EX 1P vs 幽香ちゃん9P】
水レン邪は距離詰められると苦しい戦いを強いられる。
通常行動での無敵もあまり多くないから
殴り合いでは完全に負けてしまうけれど、
一部超必にアーマー殺しが仕込んであるから、
それを出せれば一気に形勢は逆転するね。

超必の蒼焔二種はかなり良い演出なんだよなー

【水レン邪EX 1P vs グリゼラ】
どうしてこうなった…(AA略

あれは水レン邪の振っている翔月という技が、
技中に攻撃を受けると技を繰り返す特性を持っているせいだね。
銀侍のライメイケーンやシュウ氏北斗系金カラー、
あとは某マリオのクッパぶん回しみたいな感じ。

その翔月の攻撃をグリゼラがシールドで受け止め、
発生した無敵時間の間に弱攻撃を差し込み、
その攻撃を受けて水レン邪が翔月を繰り返し、
それを更にグリゼラがシールドで受けて……という流れ。

何度も検証してると位置や場所、
あとはグリゼラの強化内容のひとつである
シールドへの行動キャンセルの有無で
発生するかしないかが変わるので若干レアな噛み合い方だった様子。

組み合わせとしては、水レン邪がやや不利かな。
というのもグリゼラは投げを持ってるから
水レン邪のペナルティが発生しやすい……ように見えて、
コンボから超必投げに移行されるとペナルティ発生圏内よりも
体力が削られてしまうことが多い。
今回は生当てだったからペナルティ発生したけど、
一度投げられれば倒されてしまう体力まで減らされる分、
どうしても劣勢は避けられないね。

【アナザーブラッドQ 2P vs グリゼラ】
今回術勢回しすぎw
あとBGMは今月3DS版が発売される予定のシャンティで。

投げは当身出来ないから、
その点ではアナブラ不利なんだけど、
グリゼラはそこそこ距離離れてると投げ以外の技で
攻撃を引っ掛けようとするので、
それがアナブラにとっては狙い目となる。
特にグリゼラが壁背負わされると鳥かごに近い状態になりがち。
あとは妖精による援護射撃も当身の餌食になりやすい。

ただやはり投げは有効だし、
超必中にアナブラがステ抜けしたとしても、
ボディプレスに移行して大ダメージを狙うこともできる。
(この派生攻撃は最近ついたものらしい)
また回数制減があるとはいえバーストで要所要所抜けたのも
アナブラの攻撃を耐える上で非常に大きかった。



☆キャラ紹介

●Devils eye 3P
通称邪眼意思
AIは空中動作を強制的にキャンセルすることが出来る
また外部パッチによって虚弱な体力が標準的になるほか
カラー差や性能設定などが拡充

名無しのぽろろ氏パッチでライフがなんと1000倍に!(1→1000)
AIの空中動作キャンセルは食らい中でも使ってくるため、
空中食らいや浮かせ攻撃から強制的に復帰できたりする。
時止め無視なんかもサラリと搭載。


●Assassin 5P
5Pは攻撃力・防御力上昇、ガード時の削り無効に加えて
ブロッキングでライフが微回復するようになるほか
3ゲージ技が即死技に変化などの恩恵がある

即死になるのは飛賊奥義 影殺(白背景での暗殺っぽい技)
即死内容は即死投げ+当身で、
かつ技中ReversalDefを維持したタゲ保持バグを利用してるので
軽く抜けられた程度では即死させられる。
また相手を毒状態にする飛賊奥義 毒手功は
一部超必に永続タゲ利用の無敵解除などを行なってきたりも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当に、なんともやりきれない気持ちになりますよね……
元気に復帰されてまたあのお声を聴かせて欲しかった。
プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器