【MUGEN】持ち味を生かせ! 狂ランク技vs術対抗戦Part.26


結構好きなキャラがいっぱい出てきました。
あと早速色々リクしていただいてありがとうございますです。








【邪眼意思3P vs 七夜死貴5P】
ネロ・カオスvs七夜かな?

邪眼の攻撃範囲の広さと
不意の空中高速復帰によるコンボ中断が厄介だけど、
今回は死貴が地上コンボやステート奪取攻撃を巧みに織り交ぜて
上手く邪眼を押さえ込んだ。
流石に所々攻撃を引っ掛けられたりするし、
それが結構痛かったりはするけど、
BH回復やサキスパでどうにかこうにか耐えられたね。

【魔凍10P vs 七夜死貴5P】
一度捕まると防御力低い死貴だと流石に苦しい。
特にMAXキャンセルコンボは抜けられもしないから
確実に仕留められてしまう。
積極的に展開される氷の弾幕も凍結→即死につながるし、
魔凍のタフさもあって事故が非常に起こりやすかった。

【魔凍10P vs 雷霆暁1P】
アカツキ耐神構造だし魔凍としては苦手な相手……
と言いたいけれど、実はディスインテグレイショナル・フリーズによる
広範囲投げが本体HitDefのようで、
アカツキを捕らえやすい上に弱点もつける技になっている。
なのであれを上手く回避することがアカツキにとっては至上命題。
ディストーションの方はカス当たりか攻性防禦が発動するかの運ゲー。
2R目こそ超必投げがポンポン刺さって沈められてしまったけど、
それ以外はアカツキがペースを握りながら試合を展開できたかな。



【ショボーンSF 2P vs Tまこと】

Tまこと(UNK氏)
ブロッキング率30

25勝15敗
対・技陣営 12勝8敗
対・術陣営 13勝7敗


凶悪ロダ産。
Tまことは防御力が2倍、
ブロッキングが食らい中でもランダムで発動、
常時丹田による火力上昇が特徴的なキャラ。
敵スタンに追撃できれば十割も余裕で狙える。
まぁ気絶中に判定無い相手も多いんですけど

手数の多いショボーンにとって
ランダム発動のブロッキングはちょっと怖いところがあるけれど、
大振りな攻撃がアーマーに刺さって受け流せることも多く、
運次第では永久も問題なく通るから相性は悪くない。
スタンコンボが通らないのも美味しかったかな。

【本気シンクレア12P vs シャルラッハロート12P】

シャルラッハロート12P(aki氏)
yuki氏AILv5
挑発スイッチ0
AIガード率10
受身性能0

25勝15敗
対・技陣営 11勝9敗
対・術陣営 14勝6敗

シャル12Pの持ち味は単純な攻撃力・防御力上昇に加え、
広範囲をカバーできる超必と10割も見える高火力コンボ。
ライフ回復もそこそこ速いんだけど、
シンクレア相手だと流石に目立たんねw

超必コンボは打撃判定なのかシンクレアに通らないけど、
代わりに多段技がゴリゴリと削っていける。
シンクレアもバ火力だから一気に沈められる可能性あるけど、
シャルも比較的超必を出す隙はあるから攻めた方が勝つ試合だったか。

【ショボーンSF 2P vs シャルラッハロート12P】
他界他界。
エアスタンプ永久って比較的見ないのに、
今回は上手いこと入ったなぁw

お互いにほぼ必殺の一撃(というかコンボ始動)を持っているけど、
シャルの方はあまり確殺というわけでもないから
ショボーンにチャンスを渡しやすい。
一方のショボーンは永久に入る前に
特殊受身で回避されることくらいしか不安要素はないから、
まこと以上にやりやすい相手だったね。



【アナスタシア9P vs アサシン5P】
予想以上にアナスタシアの攻撃が効果的。
恐らくは彼女の持つ攻撃ヒット中の相手に毒を与える効果が
かなり良い方向に働いているのかと。
また直ガでアサシンの始動にも対応できるので、相性は悪くない印象。
ただ一発入ると的確なコンボでゴッソリ体力を奪われるし、
アサシン側もブロッキングで対抗してくるので、
ナースチャとしては通常投げを上手く当てて自由を奪いたいところ。

【アナスタシア9P vs アップルジャック12P】
地上戦では突進で上手いこと攻めていける分、
アップルジャックが有利。
一方ナースチャは持続長い攻撃多いから、
上手いこと引っ掛けられればAJの体力を一気に奪える。

AJのコンボは長いからナースチャのステ抜けも発動しやすいけど、
そこからAJもしっかりアドリブでカバーしてくるので
ステ抜けが有効に機能する場面は少なめ。
ただ最後は運良く高所で発動したから試合を決めることができたね。



【水レン邪EX 1P vs ジョブチェンジフラン1P】

JCフラン1P(プレート氏)
組み手モードオフ

26勝14敗
対・技陣営 13勝7敗
対・術陣営 13勝7敗

別枠側も含めて基本はAI常時オンにするんだけど、
スイッチが無いこともあってフランは常時起動にはなってません。
というか常時起動にしたら上限超えたし(

そんなわけでフランちゃんの行動は結構気まぐれだけど、
コンボは非常に強烈。平気で10割持っていけます。
無敵時間も多いため、自由に動かれると非常に厄介。
ただ水レン邪は当身もそこそこ振るから、
フランの動きをかなり止めることが出来るね。
最後はペナルティ発動もあって見事競り勝てた。

【Hデュオロン12P vs エリザベート・レミリア・スカーレット】

エリザベート・レミリア・スカーレット(レッドスカート氏)
AILv3
霊撃札回数0
攻撃性能2
防御性能2
防御強化0.15
ダメージ霊力回復20
技霊力回収率80
霊力自動回復3

他デフォルト
(カリスマ率・超カリスマ率100
出血ダメージ100
根性値レベル1
無敵レベル1)

22勝18敗
対・技陣営 9勝11敗
対・術陣営 13勝7敗

るみるみボイスは癒し。
未だにCCCを積んでいるのは内緒だ

防御面はさほど強化していないものの、
扱いやすい攻撃が揃っている印象。
特に近距離での当身やコンボにも組み込める広範囲の超必投げは厄介。
ちなみにエリザベートの超必はパワーゲージではなく
下の霊力ゲージを消費して行なう点に注意。
2R目は1R目と違いデュオロンが攻勢をかけたものの、
エリザの大技である竜鳴雷声で逆転されてしまった。

【水レン邪EX 1P vs エリザベート・レミリア・スカーレット】
相手もバーサーカーなんですがそれは……

竜鳴雷声は霊力最大かつ使用後は一定時間使用不可になるが、
広範囲打撃投げに加えて攻撃性能一定以上で当身を展開、
ステート奪取による無敵解除と小ダメージを与えることができる。
1R目と3R目に竜鳴雷声が発動した際、
水レン邪がKOされたりされなかったりしたのは、
その当身に捕まるか捕まらないかの違いのためかな。

竜鳴雷声を出されても高確率でステ奪取ペナルティに引っかかるので
水レン邪は耐えられこそしたものの、
その後を上手く決められなかったのは痛すぎた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器