【MUGEN】たぶんレアアクマ前後シングルトーナメントPart.14


身内回し酷すぎィ!


最近ふらいんぐうぃっちが癒しすぎる。












【ADX 7P vs ジョーカー式8P】
ADXの弾幕で式の当身を結構誘発できるけど、
全画面超必連発され始めるとちとキツイかな。
全画面はProj攻撃だったりして当身も取れないし、
元より無敵が少ないADXは真正面から受けざるを得ない。
それでも特殊な防御機構で軽減はできるけどね。

それに相手にとって手痛い攻撃を持っているのはADXとて同じ。
即死技である発光もそうだけど、
一番は地味にOTHKが仕込まれている大きな玉。
あれで投げられればそこそこ体力を削れる。
今回はあまり引っかからなかったけど、
3R目は地味に機能した。

【ADX 7P vs バルバトス10P】
効かんなぁ(泣)

ワールドデストロイヤーが通らないどころか
ダメージソースにすらならないので、
流石に厳しい。
ADXもあんまり効率良く鋼体削れていないけど、
発光という切り札を温存していたのよね……
バルバトスは食われちゃうので、出されたらほぼ負け確。

【F無頼5P vs R茜6P】
自由すぎる対決。

嫌極殺が来たら耐性のほぼ無い無頼は
まず負けてしまうので、
来ないようにお祈りするゲーム。
幸い仕様上、全画面攻撃を連発できるから、
動き回る茜を捕らえやすくはある。
まぁあれだけやってもなかなか事故らないわけで、
その辺り茜も大したものだわw

【ホワイトファング1P vs アレスEX 2P】
ナスがストライカーを殴って止まる
→そこにストライカーが颯爽と登場
→硬直中にまた殴ってナスが止まる
→そこにストライカーが以下略

画面端だと結構なりやすい現象の様子。
試合の方はナス有利かな。
4ゲージウルフファングが通るのはかなりのアドバンテージ。
加えてBエスケープで逃げまくれるから
アレスの得意とする人海戦術が
あまり通用しないのもアレスにとってはネックだった。

【KENDOU 12P vs 戦乙女サキ12P】
影縫氏のPCで

互いに土俵際で耐性が上がったりするタイプだし、
得物は違えど剣士対決ということでもあってか
結構噛み合って見えた試合。
相性としてはややサキが不利だったかな?
剣道が昇竜や小技からポンポンダメージ奪えていたのに対して
サキは大技でチャンスを掴むことが多かったし、
その大技はステート奪うものが多いせいで
剣道の土壇場でのステ抜けが発動して仕留め切れなかった。

【弾幕七夜 vs F無頼5P】
弾幕七夜のサキスパの前に無頼は打つ手なし
……と思いきや、当身も入っているフリーダムパンチが有効打。
一部超必ヒットから2ゲージで派生する技なので
単独発動が出来ないってデメリットはあるけど、
弾幕相手には抜けられるだけでヒット自体はするから
他の条件さえ整えば発動は比較的しやすいかな。

ただ無敵セブンスや投げ技で攻撃をかわされたり
中断させられたり、ってのが厄介。
それに連続フリーダムパンチ以外で弾幕の回復を
突破できないってのも厳しい。
勝機こそあるけど基本的には弾幕有利な対決だったね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

軟骨カレー

Author:軟骨カレー
mugenキャラを公開したりしてます。公開物に関しては一番上の記事をご覧ください。
リンクはmugenに関係する場所に限りフリー。むしろしていただけたら嬉しいですw

キャラの動画使用ですが、F無頼を除く現在公開されているものは確認等必要ありません。自己責任で使っていただいて問題ないです。
F無頼に関してはりどみを参照のこと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
空いた食器